画面が割れたiphoneの危険性

iphoneの画面の強度は新機種が発売されるたびに少しずつ改良されていますが、落とすと案外簡単に画面が割れてしまいうものです。さらに画面が割れても気にせず、そのまま使用している人も非常に多く見かけます。それは非常に危険な行為だということを知っていますか?今回は画面が割れたiphoneに潜む危険性について見ていきます。
iPhoneの画面は強化ガラスでできています。割れてしまうと細かい破片で指を怪我してしまう可能性があります。そのまま使い続けると割れた部分の形状が変化し、鋭くなってくることもあるので危険です。またバッグやポケットに入れておくと取り出す際に引っかかり傷をつけてしまいます。細かい破片がバッグや服の中に落ちてしまうこともあります。さらに寝ながら使用していると破片が目に落ちてくる可能性もあります。このように身体的な危険を及ぼすことがあるので早めにiphone修理をおすすめします。
身体的な危険だけでなく、iphoneの機能自体にも影響を及ぼすことがあります。割れた画面の隙間から埃や水が入り込み、故障が悪化することがあります。内部の故障につながると最悪の場合、電源が入らなくなります。そうなると修理費用も高くなる上に内部のデータが復旧困難になる可能性があります。
タッチパネル部分が破損しているため誤操作が起きやすくなります。勝手にアプリが起動したり、知らない間に操作パネルが押されて電話をかけていたりすると大変なことになります。放置すると画面の破損がさらに進み、パスコードが押せなくなったり、ロックがかかったりします。そうなると中のデータを取り出すことが難しくなり初期化しなければならなくなります。
割れたiphoneに保護フィルムを貼って使用している人もいます。一見ガラスの破片を防いでいるような気はしますが、保護フィルムの小さな隙間から破片が落ちてくる可能性があります。根本的なところは何も解決していませんので一刻も早くiphone修理に出すことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です